万能鑑定士Qの探偵譚を読みました(ネタバレありかも)


 松岡圭祐によるライトノベル万能鑑定士Qの探偵譚を読みました。
推理劇シリーズでいったんのクライマックスを迎えた凜田莉子と小笠原悠斗の再出発を描いています。
 今作の莉子は、中盤までずっと情けなかったり、素直でない部分が描かれていましたが、長いシリーズを通してすっかり信頼と感情移入が出来ていたので、むしろ可愛いポイントとして楽しむ事ができました。
そして終盤、トラウマである野底マーペーの壁画に向き合って以降は、これまで以上にクールな莉子になってくれます。
 また、それまで「誰にでも優しい」だった悠斗が、莉子を誰よりも大切にしているという描写もあり、バディとしてもカップルとしても絆が深まったなあと感じました。
 そして、前作で決着がついたはずの贋作者コピアが、再び登場します。
今回の彼は、それこそスーパージャンプの漫画に登場するゼロのように、やり手なキャラクターであると同時に、人間的にも器を感じさせる存在で、ライバルというよりラスボスという風格がありました。
もっとも、物語の中心は例によって詐欺師との知能戦を描いたもので、コピアは今回顔見せという感じでした。
 もちろん「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」は今回も健在です。
知恵がつくの部分とも絡むのですが、この作品では登場する商標などの多くが実在のもので、作中に別作品の話題が出ることも多く、今回は莉子が偽名に「牧瀬紅莉栖」を使った部分には笑いました。
 続刊で再びクライマックスに向かうのか、連載シリーズとしてのんびり続けるのか気になるところですが続きがとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です