電子書籍ストア BookLive! 【48時間限定】バキ全113巻無料を満喫中です

 電子書籍ストア BookLive! による、期間限定バキ全113巻の無料キャンペーンを満喫しています。
 バキシリーズは、グラップラー刃牙時代からリアルタイムに読んでいて…そういえば以前にポッドキャストで語ったりしたこともあったのですが、範馬刃牙のピクル戦の後あたりから読むのをやめていたので、今回のキャンペーンで一気に読み、大いに楽しませてもらいました。
 バキシリーズ全体の魅力については、過去のポッドキャストをお聴き頂くとして、今回読んだ「範馬刃牙」の終盤、「地上最強の親子喧嘩編」について感想を書きたいです。
 戦いを描いた作品における究極的な強者というのは、強さの描写として総合的な人間としての強さに迫る機会が増え立派な人物となってしまい、主人公に倒されるべき悪役の範疇に収まらなくなることが多く、作者である板垣恵介もあるテレビ番組で、登場人物…とりわけ強者に感情移入して、ある種の凄惨な物語を描きたくない、ような発言をしていて、刃牙にとってのラスボス、父親勇次郎との決着は恐らく描かないだろうと諦めていたのですが、納得出来る結末だったと思います。
 …というか、本当の終盤、ぼく自身の年齢もあり、主人公は刃牙ではなく、むしろ勇次郎だったのかなあとすら感じました。
特に、傭兵である勇次郎の背中を、救い主としてみていた人達が居たという描写は泣けました。
 あと少し、無料で楽しめる時間があるらしいので、みっちりバキを楽しみたく思います。
ポッドキャストサブカル野球拳 第3回 マンガ二塁の回をアップしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です