アンドロイド版 ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編をプレイしました

 同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲームの「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」のアンドロイド版をプレイしましたがとても面白かったです。
 ひぐらしのなく頃にはアニメで一式観たのですが、やはり原作の方が伏線だったり事件を解くための手がかりや、主人公前原圭一の心理描写などの情報が多く、改めて楽しむことが出来ました。
また、アニメなどに慣れているとキャラクターの絵の違いにビックリしますが、読み進めていくとあまり気になりませんでした。
 一方で、システムは気になる点がありました。
特にアンドロイド端末の戻るボタンでアプリを終了(切り替え)して、再起動した際に途中からのプレイが出ない場合があるのが厳しかったです。
…つい手が触れちゃったりするんですよね(汗
あと、文章のフォントが何となくぼやけているようだったのも気になりました。
 まあ、ぼくはonsを経由してPC版のうみねこのなく頃になどをプレイしており、そちらとの差異に結構敏感なのかも知れません。
そういう意味で、ひぐらしの続きを、アンドロイド版で買うか、PC版を購入してonsでプレイするかが悩ましい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です