小説 仮面ライダークウガを読みました

 荒川稔久による小説 仮面ライダークウガを読みました。
本編最終決戦より13年後の西暦2013年を舞台に一条 薫を主人公にした作品で、オンエア時のキャラクターが沢山登場するのが当時からのファンにはたまりません。
 主人公が一条で、五代雄介が未だ冒険から戻っていないため、物語は警察を中心に描かれており戦いよりも、異常犯罪がグロンギのどんなゲゲル(クウガに登場する怪人グロンギ族は、ゲゲルという殺人ゲームをする)なのかを推測して、誰がグロンギなのかを追求していく部分が重視されているように思いました。
 また、雄介がどいう状態にあっていつ戻ってくるのか?というのも、物語の大きなポイントであり、全体的にミステリーな魅力にあふれていました。
 個人的には物語のラスト部分は、クウガよりも何故か響鬼の雰囲気に似ているなあと思いましたが…ネタバレしちゃうともったいない作品なので、感想はこのくらいまでで。
 ちなみに今回、BookLive!の電子書籍をDELL XPS 12で読んだのですが、個人的には小説を読むなら片手で持てるスマホの方が軽くて手軽なので良いかなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です