Windows8のMetro版Skypeがやっかいです

 Windows8のMetro版Skypeを初めて使ったのですがかなり癖が強かったです。
MetroとはWindows8の新しいUIで、様々な解像度に対応していて今後が期待されるのですが、慣れていないために最初は面食らいます。
 Skypeの場合もやはりややこしく、マイク&スピーカーの設定がどこで出来るのかがとっさにわかりませんでした。
さらにATOKによる文字入力が出来ないため日本語入力が出来ないという事態になり、Skype会議が一気に詰んでしまいました。
 後から、落ち着いてググってみると「Skypeでマイク、スピーカー、カメラが正しく作動していることを確認する方法を教えてください(Windows 8以降)。」で設定の仕方はわかったものの、ATOKは現在は技術的にMetro UIでは使えないのだそうな。
 さらに調べたり教わった結果「Skypeのデスクトップバージョンを入手する方法を教えてください(Windows 8以降)。」を参考に、デスクトップ版のSkypeを利用することにしました。
 Metro UIに関してはATOKの件以外にも、制作に使うには複数ウィンドウを同時に表示させるマルチタスクでの利用法がわからなかったりといろいろだめなのですが、一方でタブレットやノートなどでの利用には便利そうなので今後に期待したいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です