連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が面白いです

 3月29日から放映されている、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」がとても面白いです。
漫画家・水木しげるの夫人・武良布枝の自伝が原作という事で、作中にも妖怪のアニメーションが時々現れたりと水木ワールドを展開しています。
 結婚生活の描写はまだ始まったばかりで、これまでは主に飯田布美枝とその家族について描いてました。
一生懸命さが滑稽であったり、どこかおおらかで心温まる家族を、豪華なキャストの演技とそれを引き立てる素晴らしい演出により、安心して観られるどっしりとした完成度のある作品にまとまっていると思います。
 1、2週では女性の結婚について踏み込んでストレートに描いていて、懐かしいと思いつつも逆に新鮮でした。
…反発する女性もいるんじゃないかなあとなんかヒヤヒヤして観ています。
 今週からは、夫婦の東京での暮らしを描くということでさらに楽しみです。
連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です