ハウルの動く城についてまた少し考えました

 以前にすごく分かりやすい、ハウルの動く城の考察サイトがあって記事にしたりもしたのですが、先日の放送前に改めて確認しようとしたら無くなってて残念です。
その考察サイトで知った情報でハウルを見る上で大きなプラスになったのが、

「ソフィーは実は生命を吹き込むことができるという魔法が使える」
…後半のソフィーがキスしまくってどんどん問題も解決する流れに納得

「ソフィーは自分の言葉や気持ちによって自身が老婆になるという呪いをかけている」
「ハウルはそれに気づきその呪いを解こうとし続けていた」
…中盤以降でハウルが意固地なくらいソフィーの前で無理をする流れに納得

 これが分かるのは凄く大きく、また原作小説にはハッキリ書いてあるらしいのですが、なんで省略したのかなあ。
これらの情報ちょっと調べたら多くはWikipediaにも書かれてました。

ハウルの動く城 – Wikipedia

 その後、岡田斗司夫さんの解説も聞いて、改めて説明していない事の多さと、まあこの辺は自由に空想しながら見るのが良いのかなあと感じさせられました。

岡田斗司夫ゼミ#243(2018.8)ハウルの動く城、宮崎がこっそり仕込んだマゾ視点~ 幻の細田版コンテと『消されたハウル』のすべて

 ただ、自由な空想をする上でぼくが引っかかるのが、カブ=隣の国の王子と紹介されてから終戦までの流れの部分です。
あの辺のシーンは短い時間で大事なメッセージを物凄い軽いノリで立て続けにセリフで言う展開が続き見てていたたまれなくなります。
まあその恥ずかしさもギリギリ味と感じるのですが、カブと戦争とサリマンの思惑に関しては凄く気になります。

 サリマンは原作と異なり万能な存在であり、直接の黒幕かは別として、全てを知るポジションを与えられていると感じました。
 例えば、カブが呪われた結果、ハウルやサリマンの国は隣の国との戦争になっており、サリマンや荒れ地の魔女はそのからくりを知っている様子が描かれます。
サリマンの日頃のやり手っぷりを思うと、カブの件は解決出来たのに解決しなかった、もしかしたら呪いに一枚噛んでいると想像出来ます。
 崖の上のポニョなどに散見する、女の恐ろしさをサリマンに当てはめるならば、彼女は戦争を利用して、敵である荒れ地の魔女を打倒し、ハウルを魔法使いとしてだけでなく男としても狙っていたかも知れません。
 にも関わらず、カブの呪いが解けたことを知ったサリマンの反応は白けているというか、他人事っぽく語られ、唐突に反戦を訴える存在になっています。
 これらのサリマンの描写が、当人の能力、持っている情報、権力や影響力に対して無責任と感じられてしまいます。
しかし、それを指摘しなんなら断罪までする訳でもなく、それが物語の結末にしれっと描かれたのがどうしても引っかかってしまいます。

 特にハウルの終盤は、辻褄があっているのか?に疑問を持つタイミングで、作品を信じて考えることが重要になりますが、そこで最も多くの情報を持つ存在による無責任な匂いを感じるセリフは、水を差された印象がありました。

 …物語の中で人を超越した存在が、人の世の問題を些細な事のように語る時、制作者を意識してしまいます。(宗教的な文脈の場合はまた異なりますが)
作品の辻褄がぴったりとあう際はそういう存在が最高に格好良く見えるしそんな演出は大好きですが、ちょっと怪しい、あわない時は、制作者に対して、ある種の邪推をしてしまいます。
 初見時はむしろ格好良いとすら感じていたサリマンですが、考えるほどに苦手な存在となっていき、ハウルの動く城の作品全体の印象にも影響する存在になっています。

ハウルの動く城 [Blu-ray]