愛用の腕時計「パネライ ルミノール マリーナ」を入院させました

 愛用の腕時計「パネライ ルミノール マリーナ」の竜頭の調子が悪くなったので、入院させてきました。
修理には、1ヶ月半の期間と59,800円(ボディの磨き代込み)もかかってしまいます。
先月のMacといい予算外の出費が続いてて、正に逆境って感じです。
 もっとも、機械式時計の場合特に故障がなくても3~5年に一度、パネライの場合は2年に一度のオーバーホールの必要と言われて、最後のオーバーホールからだいたい3年半くらいだったので想定の範囲内ではあったんですけが…。
これからは家計簿の予算に組み込んでおきます。

パネライ ルミノール マリーナ 44mm 手巻き レザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です