2016年夏アニメを振り返る

すっかり秋アニメが始まってしまってますが、夏アニメをざっと振り返ります。

甘々と稲妻
 1話を観て好きになれず止めた、いわゆる1話切りをやってしまいました。
 ネットでちょっと話題になった、子どものお弁当に冷凍食品を使うことを禁止している幼稚園なんかと似た親の罪悪感を煽った押しつけと、褒めて欲しさが目立つ趣味の料理が悪いバランスで混ざってしまい苦手でした。
 というか、最近この作品に限らず、女子がオシャレに美味しいものを食べて喜んでいるみたいな描写全般がすげぇ苦手になってます。
自分でも何が気に入らないのか分析したいところです(笑

ダンガンロンパ3
 以前作品を観てなかったので、最後まで観ても色々分からなかったです。
ただ、ミステリーで洗脳ビデオはちょっとどうかなと思いました。

パズドラクロス
淡々と面白いです。石野卓球プロデュース、トミタ栞が歌うエンディングが好きです。
まだ続くので詳細な感想は改めて。

スカーレッドライダーゼクス
 多分乙女はキュンキュンするんだろうなあと思いつつ、一歩引いて(笑)観てました。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!
 Fateからのスピンアウトで、Fate/stay night、Fate/hollow ataraxiaくらいまでは分かるのでなんとか楽しめましたが、オリジナルなのか別作品のネタなのか分からない部分も増えてきていてこの辺がノれずにいました。
 この作品に限らず、いわゆる二次創作だったり同人ならではのノリを前に出した作品が多くなっているのが最近の特徴なのかなあと思っています。
元作品にFateくらい(ぼくの場合最大級)の思い入れがあり、背景にオリジナリティがあってパロディ化に意味があれば楽しめるのですが、結構シビアなバランスじゃないと嫌悪感が出てしまい、乗れてない作品も多いように感じました。

この美術部には問題がある!

 事前から期待してたタイトルでは一番面白かったです。
挙動不審になる宇佐美さんと、楽しげな学園生活と、ちょっと美術部ぽいノリ…空き缶アートのデザインや制作シーン、プールに画を描くというノリとできあがりのバランスなどがとても好きでした。

バッテリー

 高校野球に絶対的な人気があり選手が手放しにちやほやされている(ように見えた)時代には、シニカルな視点として面白かったように思いますが、今の時代には、そんな裁量はないよと感じてしまいます。
 また「この先に高校野球で活躍する人達」だからこそ成立している部分がとても多く、むしろ社会人の趣味草野球で、「昔高校野球で活躍した人」が混ざってる大人の話としてだったら色々かみ合うかなって内容でした。

DAYS

 スポーツマン独特の価値観やら、部活独特の人間関係やバランスがとても面白かったです。
男は特にああいう人間関係がやっぱ好きなんだなあと改めて思いました。
 こちらも続くようなので感想は改めて。

アルスラーン戦記

 今季は魅力あるキャラクターが自由に動けるポジションを得るまでで、こちらも今後の展開が気になる感じです。
…なんか近々また続きをやりそうなので感想は改めて。

Re:ゼロから始める異世界生活
 Twitterなどでちらほら評判を聞いてたのだけれど、一気に観たのは最終回後にプライムビデででした。
 15話や17話のいわゆるループ設定でないと絶対に観られない最悪のバッドエンドは、色々慣れてて(「ひぐらしのなく頃に」などで特に)新鮮というよりループ設定の王道かなと感じました。
 また良い奴ではないけれどイラッとはさせない要領の良さがあったスバルがループの影響で他人とのコミュニケーションが上手くできなくなり、それを乗り越えて人を巻き込むようになるという展開は、こちらも王道ですが感動的でした。
 ちなみに物語はまだまだ途中でネットの原作などを読むと、あの直後にトンデモナイことが起こるのですが、個人的にはネットの原作はかなり読んでてつらくアニメ化されるのを待つ方が良いかなと感じました…って原作の感想は改めて。

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

天鏡のアルデラミン
 今期のアニメと知らず、プライムビデオで観ていて最終回直前にオンエアに合流して、原作も一気に読むほどはまり、今期で一番好きな作品でした。
 精霊というファンタジーを上手く織り交ぜて、剣と魔法(超常現象)と銃と技術というスチームパンク作品にあったような世界感と、大規模組織の運営や戦術、論理的思考などが観ていて何か賢くなったみたいな気分になれて面白いです。
 また、全ての英雄は過労で死ぬという言葉に象徴される、現代にも共通する過労に対する筋の通った批判などは若者の鬱憤をとても上手にまとめているなあと感じました。

TVアニメ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です