平成30年7月豪雨で我が家や家族の災害について考えています

 「平成30年7月豪雨」(気象庁命名)において、多くの死傷者、被災者が出てしまいました。ご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方や避難所生活を余儀なくされている皆さまには心より、お見舞い申し上げます。

 夫婦共に実家に避難指示が出るも大きな被害もなく無事という結果に安心すると同時に、被災地の情報などから改めて災害に対する備えの重要さを痛感しております。
 ぼくの(老いた?)両親が二人で住んでいる京都の実家は、近所に今回懸念された桂川氾濫時には水害被害が出るという場所で、桂川上流の日吉ダム放流の際にはもしかしたらとはじめて嫌な予感を頭をよぎりましたが、結果は無事で父親からスマホの警報がうるさいという暢気な返事が来たときには胸をなで下ろしました。

 また遠方で放送される情報は最も過酷な状況になっている場所に寄ってしまい、微妙な状況にある場所の情報が見えず妙な不安があったのですが、今回はネットで地元の動画を見て大きな安心を得ることが出来ました。
 嵐山の渡月橋が水没して通行止めになるのは日頃とのギャップや絵面の迫力からか報道ではこちらが多く流されましたが、ここはよくあることで夏場の夕立などでも通行止めになり、橋の上に鯉がうちあげられていたのが笑い話のネタになるくらいだったので「ここの画は良い下流は?」とやきもきしてました。…などと言いつつも昔は旅館の浸水などの情報は無かったから、やはり昔よりも悪化しているのかなあ。
 ちなみにぼくの実家に影響が出やすいのは嵐山よりも下流の桂川橋梁(阪急電車が走る橋)や桂大橋あたりでしたが、どちらもネットに動画があって過去にも見たことのある水量だったので不安はだいぶ和らぎました。
動画をあげてくださった方ありがとうございました。

 温暖化など災害に対して未来に対して不安を感じる情報も沢山ありますが、テクノロジーの進化で昔よりも安心出来る部分も出て来ているので、改めて災害に対して自分達にも出来ることを考えていきたいなあと感じました。