ぼくはぶりっ子キャラ好きですよ

 「君に届け」の胡桃沢 梅とか「ひまわりっ ~健一レジェンド~」の節子こと日高なのはとか、いわゆるぶりっ子キャラは、少女漫画では定番のカタキ役になりがちなのですが、ぼくは、フィクションでもノンフィクションでも大好きです。
 ぶりっ子キャラが同性に対してどういう存在なのか男のぼくにはわからないので、あくまで男の目から見てということになりますが、胡桃沢とか節子に関しては、むしろ「一生懸命で良いなあ」という印象でした。
 もちろん、君に届けの黒沼 爽子やひまわりっの林アキコは、ぶりっ子にならず思っている事を伝え多くの人の好感も掴んでいくのでさらにすごいと思いますが、思っている事を伝えることや他人に好感を持ってもらうことを、ぶりっ子と否定してそういう事をサボっている人間がぼくは苦手です。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn