フライパンの使い方に問題があったぽい

 以前にダイヤモンドコートのフライパンが2ヶ月で、卵などが焦げ付くようになってしまったと書いたのですが、どうも使い方に問題があったようです。

ダイヤモンドコートのフライパンが2ヶ月で卵などが焦げ付くので北陸アルミのフライパンを新調 | Office Nakao

 理由は火力が強すぎたようです。
テフロン加工の利用法などの定番で気をつけていたつもりですが、思っていた以上に火力は弱いことが望ましいようでした。
 また下記ページの解説が分かりやすいのですが、ぼくのように意識しても火力を強くしてしまう人は、予熱なしの調理が安定する印象でした。

フッ素加工のフライパンで目玉焼きをきれいに焼く本当のコツはこれ!

 
 料理の方法に関しては色々なノウハウがありますが、上記の方法を試しながら利用することで、今の所フライパンの保ちはよくなっている気がします。
ひとまず以前にダイヤモンドコートフライパンが焦げ付くと書いた点に関しては、訂正したく思います。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です