SNSの会話ベタを補う部分

 Twitterのリツイートやファボ(Favorite、フェイバリット、お気に入りの略)機能や、Facebookのいいねボタンや、LINEのスタンプや、Instagramなどは、会話することが苦手な口べたや会話ベタを補うツールだからこそ期待、注目されていると考えると面白いです。

 面と向かってのコミュニケーションが一番良いという意見はぼくも多くの部分で認めていますが、生まれ持ったものや得手不得手だったりがありアンフェアな部分も多いように思います。
 例えば、良い声をしているとか滑舌が良いとか、相手が反論しづらい強面だったり、思わず意見に賛同してしまうほど美しいとかって人はそうでない人と比べて同じ内容のことを言っても人と違う成果が出る可能性が高いです。
 もっとよく分からない、しゃべりの我が強くなんか押し切れる人とそうでない人なんてのもあり、面と向かっての会話や電話の会話は結構アンフェアな人間関係を作る事が多いです。

 メールやチャットや掲示板など文章でのやりとりは会話と比べると少しフェアに近くなりますが、それでも文章が上手とか、字を書く(打つ)のが得意とかで差が出て来ます。
 ちなみにTwitterの140文字という文字数制限とスマートフォンは、文字入力が苦手な人でも多くのフォロワーを集められるという可能性があったのですが、今では文章遣いの上手い人がはっきり優位になっているように思います。

 文章が不得手の人が活躍出来るのが、Instagramと意外とFacebookかなと思っています。
Facebookはマメな友だち申請といいねとシェアでかなり交友関係を広めることが出来ます。

 という風にSNSの会話ベタを補うツール性や、SNSを使って会話ベタな人がのびのびとコミュニケーションを広めていくというのはとても大きな可能性を感じます。
ただ、そんなSNSも結局は実生活で成功している有名人や、対面によるコミュニケーションが得意な人が牛耳り始めて、SNSの補う部分が活かせなくなり現実と同じ人間関係のコミュニティになってしまい、仕方無いと思う一方つまらないとも感じます。
 …まあそんな時に、新たなSNSサービスが始まり、現実世界に引きずられない人間関係を求めてユーザーは移動していくのかなと思います。

 …ってぼくは思ってるのだけれど、この本ではどう書いてるのかなあ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

繰り返しの物語(ループもの)で思うこと

 遅ればせながらRe:ゼロから始める異世界生活をプライムビデオで観たのですが、思いの外面白かったです。
Twitterでちょこちょこ評判も聞きつつも、同じくらいアンチ意見もあったので後回しにしてしまいましたが、今思うと最初からタイムリーに観ておけば良かったなあと後悔しています。

 そんなリゼロを観ていて、主人公が記憶を残したまま同じ時間を繰り返すというループ演出の物語(いわゆるループもの)にアレコレ考えさせられました。
 ぼくが好きな一番古いループものは1987年に出版されたケン・グリムウッドによる「リプレイ」という小説ですが、パソコンゲームなどのシナリオでは様々なタイトルがあり(ぼくは先にそれらに触れてました)、トム・クルーズ主演の映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」など分かり易さが求められる作品のストーリーにもなっており、すごく一般的なものになっているなあと感じさせられます。

 とはいえループものでは、ループが出来る主人公のアンフェアさがどうしても引っかかってしまい、「人生を自分や人の助けでやり直せる」という人生のテーマにもなるようなことを台無しにしてしまう設定でもあります。
特に大規模災害なで多くの人が変わらない過去に向き合いつつ生きていることを思うと扱いが難しい部分もあります。
…その辺に対する反発みたいなものは、Fate/stay nightが素晴らしかったなあと思います。

 ただその辺に突っ込むのは、恋愛物語に「恋ばっかりしてるんじゃない」みたいな野暮なもので、ループものの時点で過去を変える展開というのは仕方無いのかなあとも思います。
 そんなループもののテーマって「失敗を教訓にして同じ過ちを繰り返さない」「何度失敗しても決して諦めない」あたりかなと思います。
そして起こる試練としては「何度も失敗してしまう」「責任と孤独に耐えられなくなる」という精神疲弊や、大きな力を持った故の傲慢さから性格が歪んでいくなどかなと思います。
…その辺は、まどか☆マギカやSteins;Gateが凄く鋭く描いていたなあと思います。

 また、ちょっと悪趣味な楽しみ方ですが、ループもの以外ならそんな事件が起こったら作品が終わってしまうような極端な出来事、例えば超最悪のバッドエンドなどが見られたり、複数のヒロイン全員との純愛が見られるなども醍醐味かなと思います。

…というループもののマイナス部分をなるべく避けて良い所に注目しつつ観るとRe:ゼロから始める異世界生活は、ある意味由緒正しいくらいにループものの王道でとても面白かったです。 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

インスタントメッセンジャーの方が上手く行く関係

 ぼくは母親との会話がすごく苦手なのですが、連絡方法をインスタントメッセンジャーにしたところ予想外に上手く行き、それ以降は娘が生まれたこともあり以前に比べると比較的仲良くやれているように感じています。

 母親は感情とノリでわーっと話して要点を途中で忘れるタイプ(つまりぼくと同じタイプ)で、しかもその中にぼくがカチンと来る言葉が混ざっていて5分話すとぼくが軽く発狂して反発し、対する母親も発狂して10分以内で絶縁口論に至るという有様です。
…世間ではこういうのをほほえましい親子関係として関わらないように逃げる人(つまりぼくの父親みたいなタイプ)が居ますが、実際にはかなり危険でガチの絶縁だったり、暴力沙汰が起こる原因になりうると思います。

 それがインスタントメッセンジャーになってから上手く行っている理由は、ひとえに母親が文字入力が苦手でよく考えて要点をまとめて入力していて、カチンとくる言葉が入り込む余地が減ったからだと思います。(ゼロにならないのは受け手であるぼくの問題なのだろうか)
 ちなみに直接あったり電話でゆっくり話すとお互い発狂するのは相変わらずなので、母親にはこのまま入力ベタでいて欲しいです。

 で、ちょっとITな話を無理矢理つけると、電話とかテレビ電話とかは対面で良い関係が作れる人同士用のツールで実際の人間関係がそのまま継続されるのに対して、インスタントメッセンジャー(LINEなどSNSのメッセンジャー)は対面だと言い過ぎてしまったり言いづらいことがある人同士にも使えるツールで実際とは違う人間関係を新たに作れる可能性があって、その新しさと可能性が魅力だなと思っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

スペインバル バルデゲー ららぽーと豊洲に行きました

 フィエスタデエスパーニャでいつもお世話になっている栗原靖武さんがシェフをされている、スペインバル バルデゲー ららぽーと豊洲にお邪魔してきましたが、とても美味しかったです。

ぐるなび – バルデゲー ららぽーと豊洲 (豊洲/ビアガーデン)

 一緒に行った友人たちは、スペインに住んでいたり何度も通ったというスペインファンから、パエリアを食べた事はあるけどあまりなじみはないというタイプの人まで色々でしたが、みんな大満足でした。

0907b
チキンと野菜のミックスパエリア

0907a
濃厚!魚介のパエリア

 栗原靖武さんは、スペイン・バレンシアのスエカ村で開催される、世界的にも有名なパエリアコンクール「Concurso internacional de Paella de Sueca」で外国人部門優勝されており、国内でも「本場の味を多くの人に伝える」をミッションとした日本パエリア協会の理事・事務局長をされている筋金入りのパエリアシェフです。
 彼の作るパエリアはダシを使わず水だけで、オーブンではなく直火で炊き上げるパエリアの原点というスタイルで今までのパエリアのイメージを覆してくれるもので、一度このスタイルのパエリアを食べると病みつきになります。

 パエリア以外の料理も全て美味しく、呑み放題など飲んべえにも嬉しいコースもあるので、是非またお伺いしたいです。

そして冒頭でも触れました、フィエスタデエスパーニャですが、現在出店説明会とボランティアの募集を開始しております。
こちらもよろしくお願い致します。
日本最大級のスペインフェスティバル『フィエスタ・デ・エスパーニャ2016』11月26日(土)・27日(日)@東京・代々木公園

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

日本のいちばん長い日を観ました

 半藤一利の小説原作の映画、日本のいちばん長い日の1967年版と2015年版を観ました。
 御前会議において降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午からの、一部陸軍省勤務の将校と近衛師団参謀が中心となって起こしたクーデター未遂の宮城事件、そして玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いた作品です。

 個人的には1967年の岡本喜八版の方が好きで、2015年の原田眞人版は流れは分かるのだけれど見所が分からないという印象でした。
 岡本喜八版から感じた見所は、録音盤(玉音盤)を如何にクーデターを起こそうとする一部陸軍将校達から守ったかという部分と、クーデターに失敗した将校達の切なさというとてもシンプルな部分でした。
 原田眞人版では、阿南惟幾をより現代風の人間味があり、しかも腹芸を打って陸軍幹部を煙に巻く終戦派として多くの尺を使い描いたために、見所が分かりづらくなってしまったように感じます。
…まあ、wikiなどでも阿南惟幾の立場をめぐっては議論があるようなのでむしろこれがリアルなのかも知れませんが。

 余談ですが岡本喜八からは庵野秀明が大きな影響を受けていると言われていて、シン・ゴジラでも言われてみると確かに岡本喜八節が各所にあるなあと感じました。
シン・ゴジラ好きは岡本喜八版日本のいちばん長い日オススメです。


Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

君の名は。を観ました

 新海誠によるアニメ映画「君の名は。」を観ました。

君の名は。 – 映画・映像|東宝WEB SITE

 映画館で観るか悩んでいたら、土日2日間で約68万8000人を動員したとか大人気がニュースになっていて、早く観ておいた方が良いなあと思ってあわててユナイテッド・シネマ豊洲(打ち合わせの合間を利用)の平日16時からの回で観てきました。
席を選ぶ際に「混み合ってます」と言われるくらいにお客さんが入っていて、時間の影響もあってか客層は若い女性客がメインでした。
…オッサンの勇気が問われたズラ。

 TV CMなどでは男女の入れ替わりのファンタジー青春コメディ部分が紹介されており、ちょっと凝った映画宣伝などでは隕石湖やクレーターや大規模災害を予感させる部分が加わっていて、ぼくは後者に惹かれてそしてネタバレを避けたくてあわてて観に行った感じです。

 これまでの新海誠作品では珍しく笑いの要素がとても多く、特に主人公宮水 三葉の妹 四葉のセリフやリアクションが面白かったです。なかでも一連のおっぱいシーン(?)でのリアクションとか。
…余談ですがおっぱいのシーンは、隣の女性客がハデに笑ってくれてたのが、オッサン的にはとても助かりました(笑
 アニメ(の作画)好きでは意見が分かれそうなRADWIMPSのボーカル曲をミュージックビデオのように流すシーンなど、ぼくは時間経過の演出ともあっていたと感じて好きでした。
物語はSF的に考察を始めると色々入り組んでいて、ぱっと意味が分からないような展開もあったと思いますが、深く考えずに勢いで観られて、本当にあっという間の107分でした。

 高感度カメラで撮影したような鮮やかな背景美術は相変わらず素晴らしく、しかも今回は絵を見せる演出があり、さらには省略されていたアニメーションによる演技も加わり、作品として隙の無いものになったと感じさせられました。
 …まあこの隙の無さは、圧倒されて不用意に憧れられなくなったりたたきのめされたりと、オタクにとってはちょっと寂しい点ではありますが(笑

 そして、新海誠作品ではこれまでの容赦ない作品の数々から、楽しく終わるか、切なく終わるかって最大の見所だったりします。
クライマックスが近づくと、主人公の立花 瀧と三葉はファンタジー的な設定のあれこれでやたらと大切なことを忘れてしまいます。
 忘れてしまったことを知っている観客としては「どうにかしてやって欲しい」といつい願ってしまう。でも一方で新海誠作品の非情さを知っているファンとしては、ジワジワと絶望的な気分になっていきます。
そのジワジワドキドキがこの作品最大の魅力なんじゃないかなと思いました。
 思いましたが不幸なことに、ぼくはふらっと流れてきたSNSで事前に結末を知ってしまい(本当一言でばれちゃうので)「知らなければ、もっとハラハラを楽しめたのに」と悶絶しました(笑

 ということで、未見の方は急ぎ観に行かれることをオススメします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

赤ちゃんの泣き声で思ったこと

 育児を始める前、ぶっちゃけ自分が赤ちゃんの泣き声に耐えられるのかという不安は結構ありました。
 電車の中で他人の赤ちゃんが大声で泣いているのを聞いた時、赤ちゃんの泣き声が耐えられないみたいな他人の意見を聞いたとき、最悪の場合赤ちゃんの泣き声に耐えかねて育児放棄や虐待をしたというニュースを知った時など、育児を始める前のぼくは生理的に赤ちゃんを受け入れられないのではないかとそれなりに真剣に不安に思いました。

夜泣きはいつから?赤ちゃん~2歳の夜泣きの原因と対策|AMOMA

 実際には、産まれたばかりのか細い赤ちゃんの泣き声を聞くことでそれらは解決したと思っています。
 ぼくはかみさんが娘を産む時に付き添いで産科病棟へ行く時、正直なところたくさんの赤ちゃんの泣き声が不快ではないかなと不安だったのですが、実際にその小さな泣き声を聞いたときに「あ、これなら平気だな」と確信しました。
産まれて間が無い赤ちゃんの泣き声は本当に小さく弱々しくそして可愛いです。
その泣き声は育児に無縁の人間が聞いても全然不快でない音だし、むしろ生まればかりの人間の小ささやか弱さや愛おしさが実感出来ます。
 一度その声を聞くと、うるさいと感じるくらいに大きな声で泣ける赤ちゃんに対して、あんな小さかったのによくぞここまで大きくなってくれたと感じることが出来ます。(まあ夜泣きとか辛いときはありますが、その感覚がベースには根付いていると思います。)
…他人の前に出られて、うるさいと感じるくらいに大きな声で泣ける赤ちゃんというのは産まれたばかりと比べるとまったく違う存在まで成長したのだなと敬意すら感じます。

 という案配に、育児をする前に凄く不安に思っていた、泣き声に関しては改めてこういう記事を書くまで慣れて忘れていたくらいなので、不安に思っている人は意見の一つとして参考にしていただければ幸いです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ノイタミナのバッテリーを観て思った事

 あさのあつこによる児童文学作原作のアニメバッテリーを観ていて、アレコレ気になりました。
ってあくまでアニメ版で気になった点で、映画版では特に気にしてなかったし、原作ではどうかは未確認です。

TVアニメ「バッテリー」公式サイト

 で、具体的に気になった点はスポーツがどれほど社会的同意と周りの人間の結構な労力を使って出来ているのかという世知辛さが描かれていないところです。
 特に生徒が学校の反対を押し切って勝手に試合を出来てしまうシーンでは、グラウンドは誰がどうやって借りたのか?両チームの選手や荷物の移動はどうやったのか?審判をどう手配したのか?など、大人の選手でも個人で解決するのは難しいのではと引いてしまいました。
…特にアニメ版のグラウンドがとにかく綺麗でプロかよって感じでしたし(笑

 現実ではそれらの問題は、学校の施設を利用したり、部活のマネージャーの力を借りたり、さらに選手の家族も手弁当で手伝い、ボランティアの人達や、気が良い地元の人達の様々な協力を得て、どうにか解決して競技が出来るようにしています。
 だからこそスポーツ選手は全ての人に礼儀正しくなければならないし、その環境を作り維持してきた先輩や周りの大人に(腹でどう思ってようが)敬意をあらわさなければならないです。
そして、その礼儀やルールを守れない選手やチームは、その競技を守りたい人達から追放されてしまいます。

 バッテリーではそういう社会的スポーツ選手として態度の悪い主人公巧が問題の火種を作りそれによって出場停止となったチームが、巧の野球というスポーツスキルで挽回しようとする、マッチポンプただし延焼部分は放置…みたいなです。
 型にはまらない天才がスポーツや社会の常識を覆す物語と思えば爽快感もあるのですが、今の時代は巧のようなタイプがやらかすことが結構な問題として炎上する(そして性格だけ巧みたいな人は凄く多い)ので、そういう意味で危ないしマネしたら行けないと思いました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

育児フリーランス生活1年目を振り返って

 ぼくは自宅でフリーランス(個人事業主)として仕事をし、かみさんもぼくとは別に自営業をやり、共働きで1歳の娘の育児を分担しています。

 振り返ってみると夫婦共に長期の育休は取りませんでした。
 かみさんは出産入院直前まで仕事をして退院の2日後には仕事復帰しており(無茶なことしてたよなあ)、サポートとして育休を取るかと思っていたぼくの方も結果的には一部の案件で調整をしただけでなんとかやり繰り出来ています。

 有り難いことに時間調整がはまっていて、またかみさんの仕事場に連れて行ける時もあるので娘は保育園には入れてません。
娘と二人で家に居るときは仕事が出来ませんが(少しでも目を離すと何をするか分からない)、その時は休憩の時間と割り切って娘と遊び、その分かみさんが見てくれていたり寝ている時に仕事をします。
 おかげで沢山娘と遊ぶことができます(笑

 結果的に娘が生まれる前と比べて大きく生活や仕事を変えることなくなんとかやり繰りが出来ています。
 出産や育児に不安が多いと指摘される、フリーランスや自営業ですが、仕事の内容を自分でコントロール出来るフリーランス(自営業)だからやり繰り出来る部分も沢山あるなと感じています。

…などと言いつつ、かみさんが娘を仕事場に連れて行くようになってからは、育児バランスは3対7くらいかなと思っていますが。

160825
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ちびっ子さんが1歳になりました

 8月21日ちびっ子さんが無事に1歳となりました。
産まれた時は身長49cm 体重2864gだったのが、今では身長72cm 体重9140gのむちむちに育ちました。

IMG_3290

 最近は母体から受け継いだ免疫から、自力で免疫を獲得する段階になっているそうで、時々風邪を引いたり下痢になったりしていますが、大きな病気もせずにすくすく育ってます。

IMG_3128

 そして1年間、無事に成長できたのは、皆様のおかげと感謝しております。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn