カラーとジブリが岡田斗司夫さんを批判?

 『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの生みの親である庵野秀明さんが、『シン・エヴァンゲリオン劇場版1周年生特番』の企画で、アニメ批評家・岡田斗司夫さんへの間接的な批判を繰り広げていたそうな。

『新世紀エヴァンゲリオン』庵野秀明氏、かつての”盟友”岡田斗司夫氏に間接的な批判か|ニフティニュース

 それに対して、ジブリ公式Twitterも同意しておりました。
…こっちに関しては大いに笑ったのですが、もしかしたら笑えない状態なのかな?

【あっ】『シン・エヴァ』庵野秀明監督、岡田斗司夫さんの関係者風評論をほぼ名指しで「迷惑」と公言して全否定 → ジブリ公式も同意wwwww

具体的な内容は

 岡田斗司夫さんの考察動画はこのブログでも度々取り上げており、驚くと同時に「何が批判の理由なのか?」とアレコレ調べていると、下記のTogetter(Twitterまとめ)を読んで、なんとなく納得しました。

「マリのモデルは安野モヨコさん?」「Q予告カットが本編になかったのは何故?」シンエヴァ1周年特番で庵野監督が質問に回答

 また、岡田斗司夫さんとカラーの確執は、以前からあったようです。

『シン・エヴァ』場外乱闘で評価ガタ落ち? 岡田斗司夫を名指し批判して賛否 – まいじつエンタ

岡田斗司夫さんの返し

 この件に関して、岡田斗司夫さんはYouTubeで、下記の様にリアクションしています。(8:38辺り)

「夫のSNSでの交友関係を監視してしまう」「人が誹謗中傷をしている姿が嫌」「エヴァ、ジブリ公式アカの”迷惑、と思います”」 岡田斗司夫ゼミ#432(2022.3.13)サイコパスの人生相談3月前編

個人的に思ったこと

 まず、庵野秀明監督の「迷惑」という発言を受けて、シン・エヴァンゲリオンの感想記事などに岡田斗司夫さんの動画を引用していた身としては「迷惑だったのか」としょんぼりした気持になりました。
 上記の岡田斗司夫さんの発言などを見ると気にしすぎかも知れませんが、ぼくはファンとして作品考察を楽しんでいたつもりだったので、オフィシャルに批判されるのはやっぱりしょんぼりです。

 岡田斗司夫さんがジブリ作品の考察などにおいてオフィシャルの許可など取っておらず、あまり良くない関係であることは公言されてたので、まあそうだよなあって察してたつもりでしたが、つもりだった以上に迷惑だったのは、ひたすらにしょんぼりです。(あくまで、ぼくの気持ちの話です)

 岡田斗司夫さんの作品解説は色々ありますが、その中でぼくが好きな解説は、
専門家・関係者として作り手と近い視点で語っている
作り手の言いたい事をよりストレートに解説している
ぼくが好む作品や制作者に対して高評価・友好的である
の三点に該当するものです。

 数ある解説の中でぼくなりに善し悪しを判断し、シン・エヴァンゲリオンの解説は善い物であろうと、感じていただけに追い打ちのしょんぼりです。

「いいひと戦略」に繋がる?

 今回の件、岡田斗司夫さん自身の発言の影響も大きいですが、彼の発言に影響を受けたファンの発言や行動の影響も大きかったと想像しています。
そして、そういう問題に対して、岡田斗司夫さんが責任を求められるようになったのかなと。
 そう思うと、岡田斗司夫さんがYouTubeチャンネル会員数増加に対して悩まれていたり、「ホワイト社会」や「いいひと戦略」について語っていた理由を深読みしてしまいます。

コロナ戦争とホワイト革命 岡田斗司夫ゼミ#425(2022.1.9)

ホワイト社会を生き延びろ!”いいひと”戦略 徹底解説 岡田斗司夫ゼミ#428(2022.2.6)

 「ホワイト社会」や「いいひと戦略」に関しては色々思うところがあるのですが、 岡田斗司夫さんが「いいひと戦略」を自らのファンに推奨する意図は、
ファン自身の利益のため、
責任者としてファンに対して注意を促した、
ファンに注意しているという第三者へのアピール
かなと妄想しています。

 昨今のSNS等では、ある言論のファンが他者を攻撃したり、ある業界関係者が差別的な言葉を日常的に使っていることによって問題が発生しており、情報発信者(影響力ある人は特に)は、自身の発言に加えて、影響を受けるファンや同業者への対応や責任も求められるようになっていくと感じました。

エヴァンゲリオン公式サイト News

…まあ、深く考えずに、作品を観るかなあ。 シン・エヴァンゲリオン劇場版