うみねこのなく頃に散 マンガ版で全部の謎の答えが描かれてたんですね(ネタバレないはず)

 同人サークル 07th Expansionによる同人ゲーム原作の夏海ケイによるマンガ「うみねこのなく頃に 散 Episode8」を今更ながら読んだのですが、ずっと暈かされていた(猫箱に閉ざされていた)謎の答え全てが描かれていてビックリしました。
 ちなみにこれは「うみねこのなく頃にを描く最後のメディアになるだろうから」という理由で作者の意図に基づいたオフィシャルな回答なのだそうな。
 特に6巻は初めて犯人の本当の姿が絵で描かれており、原作にない踏み込んだシーンも多数あり、例えば犯人の体の欠陥も明確にわかるのでオススメです。
…ってこの表紙からして猫箱に馴染んだ古いファンには衝撃です。





 それまでほぼ真相と思っていた「最終考察 うみねこのなく頃に散」の解釈と異なる部分もあり、中にはぼくの推理の方がより近かった部分もあって久しぶりに興奮しました。

 伏せていた真相が明らかになったことで、犯人に対してやり過ぎかもと不憫に思う部分も正直ありました。
真相を犯人の立場からみると、期待して練りに練った企てで何も起こらなかったという言い方が出来ます。
 ひぐらしのなく頃にでは犯人側視点を解答Episodeとして描くことで取り返しの付かない行動をしてしまった罪悪感が描かれていますが、うみねこのなく頃にではいくつもの出題Episodeに対してその真相は計画を実行出来なかった巡り合わせの悪さと無力感が描かれていたように思います。
 その無力感は生々し過ぎて、魔女ベアトリーチェのようなキャラクターなら観ていられますが、真犯人のように内向的で気が弱く不器用な人物像で描かれるとこれはもう不憫すぎてつらいです。

 それは、舞台の上で女優のカツラが取れてしまって呆然としている姿を見せられているような居心地の悪さみたいな。
 うみねこのなく頃には、現実をどう解釈して選択するかの大切さが描かれていて、猫箱という言葉はその解釈の自由を、魔法という言葉は見せる(知らせる)べきでないものを間引くことの必要性が描かれていたと感じました。
 変な例えを引きずりますが、女優の金髪は実はカツラだったという「真実」を知らせるってどうよ?みたいなことを物凄く真剣に論じている作品だったので、6巻などでは「ああ見せちゃったかあ」みたいな気分にもなりました。

 …と読み始めで思っていたのですが、その辺りは夏海ケイさん作画によって全く違和感が無くなっていました。
多分、犯人とクレルやベアトリーチェの間を埋めるものが、絵によって表現されていたのかなと感じており、これは長年原作を追っていた者には衝撃的なことでした。
 結果的に物凄く面白く、改めてもっと早い時点で真相は明かしていても良かったのではないかと思いました。
とても面白く伏せているのはもったいないし、新たな推理に挑むにも一度模範解答を知りたいという読者の心は蔑ろにしてまで守らなくても良かったと今なら感じられます。
 いずれにしろ、最後のうみねこのなく頃にとして超おすすめです。